悪魔払い殺人事件 江藤幸子

悪魔払い殺人事件 江藤幸子 事件経緯
平成7年7月5日早朝、福島県須賀川署は同市の祈とう師・江藤幸子(当時47歳)宅に行方不明になっている家族の届けを受けて家宅捜査した。その結果、1階の8畳間の布団に寝ているような状態で置かれていた6遺体を発見した(この遺体は一部ミイラ化していた)。このため、須賀川署は江藤を殺人容疑で逮捕した。
20120927_0028_188x106遺体は鑑識課にまわして調査した結果、江藤宅で同居していた信者で19歳から50歳までの男女であることが判明した。この6遺体の内、3人は夫婦と娘。その妻の妹も被害者で、この妹は江藤と共謀したとして逮捕されたA(当時45歳)と夫婦関係にあるなど奇妙な関係が浮き彫りになった。

悪魔払い殺人事件 江藤幸子−女祈とう師の動機

江藤は須賀川市の高校を卒業後、同級生だった塗装業の男性と結婚。一男三女をもうけた。その後、化粧品の販売員となり働き出す。元来、言葉巧みな江藤は業績を伸ばして何度も成績優秀として表彰されている。昭和60年頃、新興住宅地に一戸建てを購入し順調な生活基盤を構築しつつあった。

この生活が急転直下してくるのが、夫が腰を痛めて失業。この頃から夫は競馬・競輪などギャンブルに熱中し平成1年には自宅を差し押さえられた。生活に悩んだ江藤は夫が以前から入信していた岐阜県に本部を置く新興宗教に自らも入信した。地元では化粧品の販売と共に次々と信者を獲得し頭角をあらわす。ところが、江藤は勝手に本部の名前を利用したり、夫の信者に対する借金の無返済などが問題となり「破門」となる。

それならばと江藤は、自宅で「祈とう師」を始めた。言葉巧みに信者を獲得し、お布施を取り自宅に同居させた。事件のきっかけは、愛人で信者の元自衛官B(当時21歳)に対して同じ信者のC子(当時46歳)が色目を使っていると邪推。江藤はC子には「キツネが憑いている」と言って『悪魔払い』『御用』と称してAやB、実の娘に太鼓ばちでC子に殴る、蹴るの指示をした。C子を殺害後「今、魂は清められている。悪臭が無くなれば魂は綺麗になって、また生き返る」と言っていた。その他の被害者も『悪魔払い、御用』で殺害した。

平成14年5月10日福島地裁は江藤に対して「自己中心的に信者を次々殴り殺したのは、宗教的行為とは言えない。幸子被告は自分の神格的権威を保つため、邪魔者を排除しようと(御用)を始めた」と未必の殺意を認め江藤に死刑。Bと実の娘に無期懲役。Aに懲役18年を言い渡した。

平成17年11月23日、仙台高裁は江藤の控訴棄却。平成20年9月16日、最高裁は「なぶり殺しともいえる陰惨な犯行。刑事責任は際立って重い」と断じて上告を棄却。江藤に死刑が確定した。
江藤幸子 須賀川祈祷による信者殺人事件
須賀川市・祈祷師宅の信者6人変死事件 江藤幸子
悪魔払い殺人事件 江藤幸子